2015年07月20日

格安SIM


格安SIMは、料金を下げるためネットからの申し込みが基本
ナンバーポータビリティー(MNP)で格安SIMに転入しようとすると、手続きに1〜3日ぐらいかかってしまい、その間携帯が繋がらない状態になるとい
う。
これが普通の人にとっては落とし穴になるかな。

実質的に携帯電話が3日ぐらい繋がらなくとも問題ないのだが、保険的な意味合いもあるので、使えない状態は最小限にしたい。

調べると、ビックカメラが店内に即日開通する有人の受付カウンターを設置していて、近い所だと、柏か大宮のビックカメラになるかな、7/18から水戸店にもカウンターが出来たみたい。
ビックカメラのカウンターだと、ビックシムしか契約できない。ビックシムは基本的にはIIJmioのようで、音声通話+SMSの3GB/月のデーター通信で、公衆無線LANもついてくる、月1728円のプランに。

クルマで柏駅前のビックカメラに行き、カウンターで事務手続きに15分、その後SIMの更新で30分で乗り換え完了
ただし、買ったばかりのiPhoneだとアクティベートしてないので、NETに繋がないと
APNの設定が出来ないので、電話としても使えない状態
家に帰ってWi-Fi繋いで、アクティベートして、iOSアップデートして、PC繋いで、iTunesからデーター移行して、APNとかIIJmioのアプリとかインストール
連絡先がiCloudに保存されていなくてちょっと焦ったが、無料のアプリで昔のiPhoneからエクスポートしてGMail経由で新しいiPhoneにデーターをインポートこれでほぼ完了

すでにDoCoMoで使っている端末ならば、SIM差してAPNダウンロードすれば完了なのだろうけど、アクティベートしていないiPhoneなのでちょっとめんどくさかった。
事前にAmazonとかで売っているアクティベート用のSIMなるものを買って、設定を済ませておけば良かったかもしれない。
ビックカメラのカウンターでは有料になるけど、その辺の設定をやってもらう事もできるので、不安な場合は設定を頼んでもいいかもね

キャリアのメールが使えないので、その代わりはGMailにした。
iOS標準のメールアプリではGMailは常時メールを拾いには行かないが、GMailのアプリ使えば常時プッシュ通信で新着メールを拾いにいってくれる。GMailだと、携帯宛てのメールをPCとかiPadでも確認できるので、ある意味便利。
ただし、GMailアプリだと連絡先のデーターを参照してから差出人の名前を表示してくれないし、iPad用のアプリは結構使いやすいのだけど、iPhone用はちょっと使いにくい。
いまのところ通知だけGMailで受け取って、メールを開くのはiOS標準のメールアプリ的な運用。
もしくは、15分ごとには拾いに行くiOS標準のメールアプリかな
それと、人によっては迷惑メールの防止で、キャリアメール以外のアドレスからメールを受け取らない設定にしている人には、携帯番号からSMSで連絡する必要があるのは、ちょっとめんどくさかった。


大手通信3社から格安SIMへの乗り換えですが、いろいろとネットを使って情報を得られる能力とかがある人向けかな。
あまりその辺詳しくない人でも、すでにDoCoMoのスマートフォン使っている人で、ビックシムカウンターを利用して、有料の設定サービスを利用すれば、問題なく乗り換えられると思う。

端末と格安SIMをセットで店頭販売している、Yモバイルとかイオンスマホは、ネットからMNPで格安SIMに乗り換えるタイムラグと、端末の設定の煩雑さの観点からなんだろう。


auの解約金 9500円
MNP手数料 3000円
iPhone5s 52800円
格安SIM手数料 3000円(だったかな
格安シム料金 1728円x24か月=41472円
au iPhone5 買取 -6000円(もうちょっと高いと思ったが)
合計2年間の料金が104000円ぐらいかな
もうちょっと手数料的なもの払っている気がするけど、月7000円x24か月=168000円よりも2年で6万円ぐらいは安くなった計算
posted by naruse at 22:25| Comment(2) | TrackBack(0) | Days | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ビックSIMは、速度とか安定性とかどう?
Posted by some at 2015年07月25日 09:49
全く問題ないよ
Posted by naruse at 2015年08月21日 22:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック