2020年11月30日

2020/8/16 函館-大間-自宅


朝は函館朝市で500円の丼を食べ大間へフェリーで渡りひたすら700km南下して帰宅
今年は7日間3700kmの旅でした
観光地も空いているし行列出来そうな店も普通に入れるし高速もガラガラ
Gotoキャンペーンで安く泊まれるし3密を回避して濃厚接触者を出さないように旅が出来れば今はいい時期かもしれない
posted by naruse at 22:27| Comment(0) | Days | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月28日

2020/8/15 小樽-神威岬-黄金岬-函館


小樽から海岸線の道を進んで神威岬や黄金岬など
その手前の寿都で生ウニ丼など
その後は函館に戻ってきて活イカ差し
函館はイカの聖地

448D95AC-DB26-41D9-8CE3-F1A65E5A90E9.jpeg

60526CC3-36B9-44F1-812B-FE8D1E540C22.jpeg

E604EE8F-7377-444A-B6DD-463F27FB0A70.jpeg

0756877C-277C-48A3-B9DF-F283F5934A28.jpeg
posted by naruse at 21:57| Comment(0) | Days | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月27日

2020/8/14 北見-津別峠-オントネー-小樽


北見から津別峠より屈斜路湖
その後オンネトー
蕎麦食べて小樽で廻らない寿司

7FC49B98-4F0E-4766-AE76-5D3D7BB29CEC.jpeg

5BD21F5F-F366-4143-A67F-5A7D3AD1D978.jpeg
posted by naruse at 20:23| Comment(0) | Days | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月25日

2020/8/13 知床-羅臼-北見

知床から羅臼に戻ってホエールウォッチング
なんとか、マッコウクジラの潮吹きと潜水する尾が見えたかと
その後は純の番屋行って、ミルクロードを走って、行った事なかった開陽台。天気も良くて北海道らしい丘
北見への途中に前にも行ったことある神の子池など
明日から3日かけて帰ります

41369ACC-A3B9-449D-9AFA-D735F8A67D6F.jpeg

1C3BA57C-CF15-4542-AE7F-F6B388462C00.jpeg

2E12F650-D709-4CBF-9F29-2AA551994DB2.jpeg
posted by naruse at 23:02| Comment(0) | Days | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月24日

2020/8/12 釧路-北太平洋シーサイドライン-納沙布岬-野付半島-知床

釧路から北太平洋シーサイドラインを通り涙岬から霧多布岬を通り納沙布岬へ
この道をオープンで走る事が今回の目的のひとつだったので今日の天気はベストだったかもしれない。
そこから野付半島に寄り道して知床へ
今日はほぼ100%のオープン率
珍しくちょっといい感じのホテルを予約してあって、ウニ刺しをオプションで選択。ウニとイクラの二食丼などを自作してみる

6D1E075C-52DA-49CB-B9F6-F595826A125E.jpeg

A250DAC0-A710-4B63-8B23-D8DD0DD383E2.jpeg

FCABCFF3-8CD3-4E61-B117-FC4F6AB02933.jpeg

05AC78AD-77EC-4D1D-B9B4-EB1E37B0C5D3.jpeg

7B48F645-CB2C-4269-8BA4-8CF430AA0476.jpeg

E09195C9-0A18-46E2-85D8-BEC207919982.jpeg
posted by naruse at 21:40| Comment(0) | Days | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月20日

2020/8/11 函館-帯広-釧路


函館から帯広を抜けて大樹町で牛トロ丼
ここは確か9年前も来ているけどその時は確か狂牛病だかレバ刺し事件だかでこのメニューはやってなかった。
その後は涌洞沼と昆布刈石展望台を経て釧路湿原サテライト展望台
昨日と今日の走行距離は1350km

F3A60DC8-1A86-4BCC-90A1-C6D987104AAF.jpeg

966DBE74-788A-4592-BD6E-9F3486752E6F.jpeg
posted by naruse at 18:28| Comment(0) | Days | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月19日

2020/8/10 自宅-青森-函館


今年もフェリーで北海道へ
Gotoキャンペーンとかで函館駅前の温泉付きホテルがお安く泊まれるのだが、さらにひとり一泊あたり2000円のクーポンまでくれるという。
実質550円で泊まれるのでずっとここに居ようかと思ったが、今年は東を目指す。クーポンはサックラとかイカ刺しに消えて僅かながら経済を回した。

82F32D72-4C73-41F4-B938-1AD139217668.jpeg
posted by naruse at 20:40| Comment(0) | Days | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月03日

2019/10/22 西表島5日目

フライトが最終の直行便なので、15:30発の石垣島行きのフェリーに乗れば余裕なので
浦内川のジャングルクルーズに乗って2時間のトレッキングでマリュドゥの滝とカンビレーの滝を見るなど

A53F0A39-CD58-468F-9717-80AA26F0AA25.jpeg

その後はまた由布島の水牛車身に行ったりし、レンタカーを返却
久米島もそうだったけど、給油して港の駐車場に乗り捨てればOKというのどかさ
石垣島のフェリーターミナルのさしみ店に寄ってバスで石垣空港に

今回は機材トラブルもなく無事羽田へ
ガラガラの高速道路を進み無事帰宅
posted by naruse at 20:46| Comment(0) | Days | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月02日

2019/10/21 西表島4日目

はみえだの浜の先の方にプライベートビーチスノーケル
ビーチエントリーでウミガメを狙ったけど結局遭遇出来ず。
それでもアマモの白浜の水中に大きめの魚などに遭遇
まあまあだったが場所を星砂ビーチに移動
風も強くて水は濁り気味だったけど、見たことないフグとかウミヘビとかミノカサゴとかも居て
西表島で一番有名なビーチの僅か数10m沖にこのような生態系が形成されていることにちょっとびっくり



E6F2989D-1366-43D6-BFC8-BA06739DFE5B.jpeg


7C7F7581-BDC7-4FD5-936C-629D256A9295.jpeg

91DA2344-D12E-4389-9713-ED96E1C687A7.jpeg


居酒屋から戻る途中にヤシガニに遭遇

FDA47276-DAD2-43CB-BA48-EEB3552D4435.jpeg
posted by naruse at 15:36| Comment(0) | Days | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019/10/20 西表島3日目


この日の天気が一番よくなくて、なぜかフィリピンに向かった台風が沖縄付近に進路を変えた影響をモロに受けた感
ただし、雨が降り続けているわけではなく、強い風で雨雲が飛ばされている感じなので止み間もある
海に入る感じでは到底ないので、イリオモテヤマネコの保護センター行って、途中道路を渡っている天然記念物のセマルハコガメと遭遇するとか、ヤエヤマイノシシに遭遇するとか

63E353C5-F856-4A8C-9B55-BC6DF06CEE1B.jpeg

D1444DF1-F0F5-42B8-8246-A4C040ED60E0.jpeg
posted by naruse at 13:48| Comment(0) | Days | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月30日

2019/10/19 西表島2日目


強風の中スノーケルツアー
ダイビングがメインのツアー会社なので、スノーケルはウチ1組なので貸し切り状態
かなり波が強くて水面に浮いているだけでちょっと酔う感じ
それでもコンディションとスポットを熟知したガイドカンパニーらしく、八重干瀬に匹敵するようなサンゴの群生地や波が少ないエリアを選ぶとか流石のクォリティ
89907DE5-CB6F-4B68-BE93-BAE9769F2E48.jpeg

25E78405-B1DF-48AC-A1BD-07C87CF84549.jpeg

戻ってきてシャワー浴びて居酒屋生活
posted by naruse at 10:42| Comment(0) | Days | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月29日

2019/10/18 西表島1日目

火曜日の国民の祝日とその間の月曜日が会社の休日だったので、デフォルトで4連休に1日有休つけて5連休にして、行ったことのない西表島へ
始発の直行便で石垣島に降り立ち、荷物受け取って路線バスにのりフェリーターミナルへ
西表島の大原行のフェリーにのりレンタカーをピックアップ

残念ながら天気がイマイチで風が強い
電話すると15:00からの便があったので仲間川のジャングルクルーズへ
EB1DAEB2-4F6B-40C9-8A7A-11D02835F78F.jpeg
そしたら大きい船だったけど貸し切り


C33E6D3E-6EB8-4910-9BE5-F30A56BAB668.jpeg
その後は、由布島の水牛車見てホテルへ

今回は、ダイビングツアーがメインでやっているリゾートホテル風な所をチョイス
近くの寿司屋で早めに飲み始めて翌日のスノーケルツアーに備える感じ

ちなみに、石垣島には、コンビニが無い、信号機も2カ所という、かなりの離島。
面積はかなり広いけど、島内を一周できる道路もないという。
posted by naruse at 17:12| Comment(0) | Days | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月28日

2019/8/12 自宅−大間−函館


今年も北海道S2000ツーリング
基本的にはバイクのツーリングに感覚が近く、北海道の素晴らしい道をオープンで駆け抜ける旅
フェリーの予約がなかなか取れなくて、8/13の大間⇒函館と8/18の函館⇒青森をなんとか1週間前に予約できたのだが出来れば行きの日程を1日早めたいと思っていたところ、ネット予約の期限の2日前ギリギリの8/10 11:50に8/12の大間⇒函館に空きが出てすかさず予約を変更
こんなことも考えてキャンセルしやすい所を予約してあったホテルを変更
ただし急造プランなので、ちょっと無理と無駄が多いプランニングになった風
それと台風10号の影響が気になるところ

まず大間まで自走してフェリーで函館へ
東北道の渋滞もあり、ちょっと時間を読み違えて出港の1時間前着という結構ギリギリといえばギリギリ、丁度いいといえば丁度いい時間着
函館に渡ってビジネスホテルにチェックインし居酒屋へ
活イカ刺しとか活シマエビとか
D9492958-BF6C-42FF-BE0B-F2276F7EC2F0.jpeg

001D51CB-1F80-4C63-9F34-91FAEB501D3A.jpeg
posted by naruse at 21:09| Comment(0) | Days | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月08日

2018/8/19 旭川-大間-八戸-自宅


9:30発の函館-大間便にのって本州へ
往路でも寄った陸奥湾沿いの店でむつ湾ラーメンを食べる
850円とは思えないくらい海産物がふんだんに入った塩味のラーメンで旭川ラーメンの名店よりも格段に美味しい
その後八戸から高速乗って渋滞を予想して常磐道で水戸まで行って北関まわるか迷ったけとそのまま東北道を南下
そうすると矢板先頭で25km渋滞なので下道に回避して21時過ぎになんとか帰宅
やはり、北海道の道北はオープンでツーリングするには良いところだった
今回は片道3日で稚内を往復するみたいなルートだったけども、あと1〜2日は欲しかったかな
次はまだ行っていない、稚内からサロマ湖のあたりとか自走では行っていない知床を走ってみたい
今回は大間-函館のフェリーだったが、乗船時間は1.5hとちょうどよい長さだけど、大間から八戸まで2.5hぐらいかかるので
多少高い青森-函館のフェリーと比べるとどっちもどっちかな

002DDBFE-1DB4-446D-B2B5-C17369218878.jpeg


140C996E-FFB7-4E54-A13A-B028CBEB115D.jpeg
posted by naruse at 21:08| Comment(0) | Days | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月01日

2018/8/18 旭川-美瑛-富良野-支笏湖-洞爺湖-函館


旭川からオープンにして美瑛や富良野の丘をめぐる
9年前にロードスターで一度訪れているので新鮮味はないけども素晴らしい風景
ランチは見晴らしのよい羊の丘でジンギスカン
3ランクある羊を食べ比べてみたけと1人前700円の一番安い肉でも十分美味しい
その後は一旦高速乗って千歳で下に降りて支笏湖と洞爺湖を通ってまた高速乗って函館へ
居酒屋にてまた活イカ刺しとか一夜干しのイカ焼きとかで北海道最後の夜をサッポロクラシックで今宵も乾杯

4E6A53A3-01F6-4036-8B45-3ED874D606B3.jpeg

C50A80D3-03B4-4785-8193-6FCCC240CF7F.jpeg

A4A5C837-0AB3-4CAA-AC1D-0EFA65978279.jpeg

39A00699-77EA-4E0E-A7A5-6565546415E2.jpeg
posted by naruse at 21:35| Comment(0) | Days | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月31日

2018/8/17 稚内-宗谷岬-宗谷丘陵-名寄-旭川


朝起きると風は強く雲は多いけど晴れている
まず宗谷岬へ
そして宗谷丘陵の白い道
ここでちょっとトラブル発生するもたまたま通りかかった人に助けられて事なきを得るという幸運
その後ノシャップ岬に行って樺太食堂でウニ丼
こののウニは大ぶりで口の中で完全にとろけるというパーソナルベストなウニ
イクラもカニも美味しいし素晴らしくお勧め
そこからオロロンラインを利尻島や礼文島を眺めながら南下
この道は素晴らしい道でオープンで走るとスケール感に圧倒される
その後は名寄のひまわり畑に寄り道して旭川へ
旭川といえば馬場ホルモン
食べログで3.61もポイントがついているので結構混雑
3名以上だと予約できるみたい
その後旭川ラーメンの名店に珍しく並んで入ってみるも味はイマイチ

B94CFF49-7037-4FA1-97F2-D052A5FAD0C6.jpeg

6B5F8566-6984-4627-844F-8C90EF03A604.jpeg

48DC7C7E-4F7C-4D1C-B198-8E72D2EBB5F7.jpeg

C15CF1AB-ABF9-4AB9-9B44-70366EBBEF4B.jpeg

3FA3765E-3C45-4285-A722-AB9A91F10645.jpeg

27489870-04D3-4132-B076-D83AB1FBE9F5.jpeg

B2312352-8C0E-4E4D-B783-53C50D50D2B0.jpeg
posted by naruse at 20:06| Comment(0) | Days | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月26日

2018/8/16 留萌-稚内


雨のなか留萌を出発して途中の有名な「すみれ」というウニ丼屋へ
開店直後についたけどすぐに満席
ウニは流石にうまいしホタテやらサーモンやらいくらとかマグロなどなど
高速を使って稚内のノシャップ岬近くの水族館へ
小さいながらちゃんと営業している間があり、イトウとかオオカミウオなど
ホテルにチェックインして近くの稚内駅をちょっと散策
最近新しなったのかすごくきれい
最北端の線路など見るも風が強くて気温15℃ぐらいなのでとにかく寒い
ダウンとか着ているひとも沢山いるぐらい
その後は居酒屋へ
刺身盛り頼むと生ウニがのっているとう幸せ

6A8BBD4D-4E98-4C8B-A1B3-4D075495776A.png

1011598D-A5EC-4C6D-80C6-EF9337520EC9.jpeg

4AD48786-1B20-46BA-91BF-D5007B7AB2CB.jpeg
posted by naruse at 10:37| Comment(0) | Days | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月25日

2018/8/15 函館-恵山-倶知安-小樽-石狩-留萌


函館朝市の近くの宿にしてあったので朝市へ
観光地化されていてにぎわっている感じ
イカ釣りとかを横目に見ながらミニウニ丼を食べる
雨雲レーダーを見ると函館近辺は例外的に雨雲がかかっていないので取りあえず恵山を軽く見てから北を目指す
途中タラコがドーンと乗ったカレイの煮つけ定食を食べて雨のなか倶知安を通り小樽に出て留萌を目指す
石狩を過ぎる雨が上がってきたので屋根を開けてオープンで疾走
よく北海道は1時間で60km移動できると言われけど石狩から留萌間はそれ以上のペース
留萌でも着いたら居酒屋へ直行

D9B0A452-9EA8-4ACC-8D62-D6F6E438954A.jpeg
posted by naruse at 21:03| Comment(0) | Days | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月24日

2018/8/14 自宅-八戸-大間-函館


まだ行ったことのない北海道最北端の宗谷岬を目指しまずは函館まで
17:40大間発のフェリーだけど遅れるといろいろ不味いので、4:00に出発
途中陸奥湾近くで新鮮なのに激安なホタテ刺しと焼きホタテを食べての順調に大間へ
早く着いたので大間崎によって殻付きのウニ食べたりしてフェリーターミナルへ
想像以上にきれいなターミナルで船もきれい
航海は90分なのであっという間
着岸まえに車に戻り船が小さいのでほどなく下船
函館のビジネスホテルにチェックインして居酒屋へ
函館と言えば真イカ
しかも活イカのさしみ
肝と一緒に昆布醤油で食べると格別
今後2日間は天気が悪い予報

D77292D4-6339-4233-9319-8A22FAB149D7.jpeg

933F5B85-7B6E-4B2F-A5CA-06F2D91005B3.jpeg

CD62B0DF-A5ED-4CB7-80E7-B760839AB7EA.jpeg

48C60C21-BE6E-4A0C-B1F9-12641775C10B.jpeg

40D8AEB9-D36F-46DC-A4DE-F50737830036.jpeg
posted by naruse at 21:27| Comment(0) | Days | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月14日

2018/5/17〜20 宮古島

宮古島1日目
6時台の直行便で宮古島着いて東平安名崎−池間大橋−砂山ビーチ−伊良部大橋−三角点−通り池などなど
天気は今のところ良くていい感じ



宮古島2日目
前回のシュノーケルツアーの時のウミガメスポットのすぐ近くホテルに泊まっているので、ホテルから歩いてビーチエントリーしたらすぐにウミガメに遭遇

そのあとはご飯食べに新城海岸に移動してさらにシュノーケリングなど



宮古島3日目
八重干潟ボートシュノーケルツアー

今まで見てきたサンゴ礁で1番綺麗で凄かった

ホテルから手配したツアーだったけど、テンションとかちょうど良くてアタリだった


宮古島4日目
天気良すぎて紫外線が痛いなか、来間島とか下地島とかいろいろ観光
19:45という遅いフライトなので結構まったり感


5F6FD45D-6E3D-41B6-A92C-1CC36F1CD2CC.jpeg

F72A72A1-065D-44C9-A731-F7128522AA7A.jpeg

CAB701B0-0CC0-4403-A83D-C580570A38A0.jpeg

1434D1BC-F49A-4DAE-8597-745F2BA6CDB5.jpeg

E4D86F5B-9D21-4250-81E1-923BE9BAFF84.jpeg

3CC6FEAC-B430-4D46-B3CB-C5600F33A8E8.jpeg

0ED39595-039B-4BCF-BE1C-6D4CEF65DD36.jpeg

D5A6A0CA-3C5F-40F2-A872-B234144FBBDC.jpeg

71AEA88E-59CE-491A-9EE5-D36C14EDB420.jpeg

8390F330-D5D0-4003-9278-15831722B826.jpeg




posted by naruse at 23:11| Comment(0) | Days | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする